夫の死後、別宅があったことが分かったら。あなたはどうする?桐野夏生&内館牧子の本をご紹介

こんな本読みました

私がストレスなしでできること、それは「本を読むこと」です。

特に悲しいとき、悩んでいる時などはついつい本に手が伸びてしまいます。

本に助けられているということだと思っています。

「月に20冊ほど読む」などという方がいらっしゃいますが、私はそんなには読めなくて多くてもせいぜい月に5冊くらいですね。

読むジャンルは圧倒的に小説が多く(7割くらい)、
時々エッセイ(2割くらい)
学ばなければ!と思ったとき(たまに思うのです)は時事関係や歴史についての本
(1割)

こんな感じですね。

ポツンと存在する本や芸術なんてないのです

「世の中にポツンとただ一つだけ存在する芸術なんてない」

というような文をかなり前に目にしました
絵画であれ音楽であれ、本であれ、先人の影響をうけ繋がって存在している。

本を読めば読むほど

この小説ってあの偉大な小説家へのオマージュなんじゃないの?

んん?このトリックはあの本と同じじゃないの?

同じテーマでも書き方でこんなに違うものなのか?

この小説はアレが下敷きとなっているよね

などなど勝手に推測しながら楽しんでいます。

ブログランキングに参加しています。人気ブログランキングへ

急死した夫の葬式を済ませた後、浮気が発覚

そんな内容の本を2冊読みました。

1冊目は

桐野夏生さんの「魂萌え!」  

魂萌え! 上/桐野夏生【合計3000円以上で送料無料】

価格:693円
(2020/6/23 10:50時点)

 

もうずいぶん前に読んだ本です。

2005年初版 毎日新聞社 単行本477ページ 読み応えあります
2006年に文庫本になっています。
第5回婦人公論文芸賞受賞作
高畑淳子主演でドラマ化もされました。

簡単な簡単なあらすじ

60歳を目前にした主婦敏子、まじめな夫と子供二人に恵まれ特に何の疑問も持たずに

生きていました。

夫が急死するまでは、、、

死後衝撃の事実が!! (小説には「衝撃の事実」が多いのです!)

夫には長年(10年も)付き合っている女性が存在していたんです。
敏子は勿論、悲しみ、怒り、正気を失うほど混乱します。
おまけに息子、娘たちは遺産相続のことしか考えてない。
ついに夫の愛人に会いに行きます。

ふたりとも仲良くしてくれ!

できるわけがないでしょう

その後の展開は~~~  お読みくだされ!

もう1冊は

内館牧子さんの「すぐ死ぬんだから」  

すぐ死ぬんだから [ 内館 牧子 ]

価格:1,705円
(2020/6/23 10:39時点)

強烈なタイトルですね。

2018年初版 講談社330ページ ソフトカバー
かなり売れたのでお読みの方も多いとおもいます。私も図書館で予約待ちでした。
この作品もNHKでドラマ化決定のようです。

簡単な簡単なあらすじ

主人公は78歳の後期高齢者の女性ハナ。長年夫と二人で酒屋を切り盛りしてきました。お洒落にも敏感

で実年齢より若く見られることも多い女性です。
夫の口癖は、

「ハナと結婚して俺は幸せだ」

こんな夫がこれまた急死。お葬式には聞いたことのない名前の香典が、、、
夫には長年の愛人と成人した息子がいたのです。
嗚呼~ ハナも愛人の元へ駆けつけます~

自分の身にふりかかったらどうするでしょう

誰もが「うちのダンナに限って」「浮気なんてできるわけがない」と思っているでしょう。でもこんなことは誰の身にも起こりえる話ではないでしょうか?
絶対!なんて言葉はありません。

愛人ふたりは

私がどれほど彼に愛されていたのか、
妻のあなたのことを「こんな風に言っていた」
アナタより私のほうがどれだけ優れた女性なのか。

と、言いつのります。

妻と愛人の応酬、罵りあいはとても面白い。

自分がどれだけ彼に愛され、あなたよりいい女なのか。自慢合戦です。

どのように収束していくのか。興味ありませんか?

最愛の人が亡くなっても日常は続いていくし、生きている者はこれからも生活していかなければならない。のですね。


人気ブログランキング