般若心経 読む・聞く・書く 究極の癒しの教え般若心経を覚える

学び直しシリーズ

3年前に母が亡くなって初めて仏壇を購入しました。
もともと本家ではなく仏壇のある家に育ったわけではないので、宗派の違いによる仏具の飾り方など何もかも分かりませんでした。
頼りにしていた父親も我が家の宗派さえも知らないんですよ。

もちろん親戚の法事があるためお寺の名前やお坊さんは知ってはいましたが、何宗なのか?は知らなかったようなんです。

考えられますか?

知ろうとしなかったんですよね、もう驚いてしまいました。  

まず、基本的な仏教の教えから学んでいきましょう 

かくいう私も仏教の教えについては、おぼろげな知識しかありません。

そういうことで、

知っていなきゃヤバイんじゃないの?&学び直しシリーズ(勝手に命名)第1弾

nobu
nobu

そもそも仏教でよく聞く「煩悩」とはなんだろう?

masa8
masa8

湯舟に浸かっていい気なもんね、
煩悩とは「心身にまといつき心をかきみだす、一切の妄念・欲望」の事よ。

何故煩悩は生まれるのでしょうか。

それは我々が人生に関して誤った認識を持っているからです。

常=この世のすべてのものは永遠に不変である
楽=この世に生きることは楽しく、人生は思い通りになる
我=この世のすべてのものは実体を持っている
浄=この世は清浄な世界である

これらの考えはすべて誤った認識なんです。

ずっとずっと一緒にいようね、世の中は楽しいことだらけ!あれもやりたい、これもやりたい。毎日を楽しく生きていきましょう。
幼いころは当たり前のようにこう考えていました。
けれど成長するにつれ、ひとは誰しも気付きます。
 
人生というものは、この世で生きていくということは、苦しく大変なことだと。

人生は苦であり、決して自分の思い通りにはならないと。

経験の中で知ってはいましたが、仏教の教えとして改めて本を読んでみると、これまた目から鱗が落ちる経験でした。

nobu
nobu

「鱗が落ちる」ことが多いんだね、あなたは。

masa8
masa8

それは暗に「物を知らない」と言ってるわけね。
フンッ!!

参考にしたのはこの本です。

【中古】 イチから知りたい!仏教の本 カラー版 /大田由紀江(著者) 【中古】afb

般若心経って唱えられなきゃ恥でしょうか


もっともメジャーなお経「般若心経」

知っていなけりゃ恥ずかしい!   と思い暗記に挑戦中。

使用しているのはこの本です

般若心経カラー版 読む・聞く・書く [ 小松庸祐 ]

この本には

全ページカラーで、1章ずつ丁寧な解説が載っています。
とても分かりやすくこんな私でもお釈迦様のお言葉を素直に聞いてみようという気持ちになります。
そして、お経を覚えたら必ずやりたくなるのが写経です。
最終章には、

・写経の歴史
・書き方のスタイル
・準備する道具
・筆順
   なども紹介されており、この本1冊で完璧です。

もちろんCD付。
著者 小松庸祐師による唱和が収録されています。
うっとりするようなお声でまるでヒーリングミュージックを聞いているかのようです。

還暦を迎えて暗記に挑戦するということ

「脳はいくつになっても成長するという研究結果が出た。

この説を信じて暗記していますが、なかなか定着しません。

が多すぎ
その次は攻撃 やたらと無無無と続きます
それから是是是と、、、

一つ一つは何とか覚えることはできるものの、繋がりをよく間違えます。

最近気に入っている定着という言葉。
一旦覚えたと思っても数日すると忘れている、長期記憶として定着していないわけですね。
んん~、脳みそ駆使して頑張ります。


人気ブログランキング