自分にとって、いる情報・いらない情報をきちんと知ることの大切さ

日記のようなもの

情報過多の現代。

アメリカ大統領の退院の様子を生中継するテレビ局

ワイドショーでのコメンテーターの発言

ぼ~としていたら、メディアの情報に溺れてしまいます。

「ああ、こんなこと知らなきゃ良かったよ、気が滅入る」

「この人こんなことを言う人だったの?」

なんて、知らなくても良かった事柄がどんどん流れてきます。

特にネットの世界。

無意味にスマホをいじっていると、こんな目にあいます

なぜこんなことを書いているかというと、昨夜とても不愉快な情報を知ったからです。
おかげで今日は朝から気分がどど~~んと下がり気味。

ここ2週間ほど、エアロビクスも筋トレもせず(家で動画を見ながらやるのです)、スーパーにも行かず、じっと座り続けて溜まっている本を読んだり色々とインドア生活を送っていたためか!最近寝つきが悪いんです。

それで、深夜やっちゃいけない、いけないと思いながらベッドの上でスマホをいじる。

すると、

○○のSNSが炎上という文字が目に入るわけですよ。

嗚呼、読んじまったよ。

マスクをしていない連れと飲食店に行ったのだが、入店を断られた

という有名人のツイート。

調べれば簡単に店名が分かる書き方だったらしく、その店に嫌がらせの電話が殺到して営業を続けられなくなった。という話。

何故こんなことをわざわざツイートするのだろう?
不満だった、腹がたったかもしれないが、そこは自分の胸にしまっておいても良かったろうに。

(過去の炎上発言も読んでしまったよ。)

前々から思っていたけれど、この有名人はまず使う言葉が悪い、汚いのです。

もう50歳も近いというのに、、きっと80歳になってもこのままなんでしょうね。

すぐに怒ってしまわれるし、自分の考えや思いと違っていたら即叱られます。
いろんな意見を他人から言われると最後には「まあ、どうでもいいんだけどね!」となるようです。


一言でいうならとても幼い、幼稚、子供じみている。

そして、ユーモアのかけらもない。
この有名人を天才だという人もいるけれど、私は決してそうは思いません。

▼そんなことも知らないの?と言われようがかまいません

今テレビを見ている人はどのくらいいるのでしょうか?
高齢者は確実に見ています。
ウチの父がそうですから。じっとTVの前に座っています。
「若者はテレビを見なくなった」なんてことを聞いたことはありますが、どうなんでしょうね?
朝のワイドショーのコメンテーターの発言についてツイートしている人も多いようですね。
平日の朝7時、8時にテレビを見ている人ってどういう環境の人なんだろう?
(コレ最近の私の謎です)

私の必要な情報・不要な情報を考えてみました。

不要な情報から考えます。

芸能人のゴシップ
アメリカ大統領の発言・ツイート
スポーツの結果
グルメ情報…など

 ほぼワイドショーの内容じゃん
もっと言えば、天気予報やオリンピックの情報もいらないな!

必要な情報は、そりゃあ生活に関する事よ、誰でもそうですよね。

 政治・経済に関すること

 残りは自分の趣味に関するもの

そうそう、昨夜もう一つとんでもない情報を仕入れました。
竹中平蔵氏が提唱している「ベーシックインカム」という制度。
(そう言えばニュースでやっていたような)
久しぶりに耳にしたお名前でしたけれど、とんでもないことをおっしゃっています。
恐ろしや恐ろしや。

政治家の派閥争いには興味はありませんが、金融関係はとても興味があるのです。

ぼ~としてたら国に騙されてしまいます。

気を引き締めなきゃ。


人気ブログランキング