夫婦

日記のようなもの

作家・小池真理子さんの計り知れない悲しみに思う

かけがえのない愛する人を看取ると言うこと。計り知れない悲しみの中前を見て進むしかありませんね。